スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

「てこの原理」とは?

「てこの原理」の一つの例は投資です。

あなたが2億円のお金や資産を持ってい
て5%の利回りで回すことができるとしましょう。

年間1000万円の年収が発生するはずです。
そうすればあなたが休暇を取っている時も
1000万円の年収は確保できるでしょう。

誰でもこのような「てこの原理」を持ちたいと願っています。
しかし、実現できる人はほとんどいません。

そのようなものを手に入れることは
不可能だと思われたかもしれません。


では、
誰でもできる「てこの原理」をお教えします。

もちろんあなたにもできます。





◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前 
メールアドレス 半角英数字






もう1つの方法

あなたが会社のオーナーであったとします。
あなたは私を従業員として雇いました。

私は今日8時間労働しました。
あなたも同じように8時間労働しました。

さて、ここをよく聞いてください。
あなたは16時間の労働に対して収入を得ます。

8+8=16

なぜなら私が生み出した利益の何割かを
あなたが取るからです。

私が働いたことによって生まれる利益よりも、
あなたが私に支払う賃金は小さいということです。

あなたは私の労力から「てこの原理」を働かせます。
雇い主だからです。

私が従業員を雇うことなどないと思われたかもしれませんが、
先に進めましょう。


「てこの原理」を働かせる方法は2つだけです。

☆お金を働かせる

☆人を働かせる


世の中で収入を得る方法も2つだけです。

☆お金か、人を自分のために働かせる
(「てこの原理」を働かせる)

☆お金のために働く、あるいは他人のために働く


お金のことを考えるのは
悪いことであるように考える人が多くいます。

たしかに、
お金は1番大切なものではありません。

しかし、ほとんどの人はお金のために働くことに
一生を捧げてしまっていることに気づいていません。

ラットレースのわなにはまっているのです。





◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前 
メールアドレス 半角英数字





スポンサーサイト
  1. ネットワークビジネス、成功
  2. TB(0)
  3. CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。