スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

MLMビジネスの「心構え」と「手法」

ちょっとオールドスタイルですが、MLMビジネスの「心構え」と「手法」に
ついて船井幸雄さんが書いた力作を内緒で紹介します。


本当に素晴らしい内容です。オフライン活動では大切なことばかりです。
長編ですが、是非、全編をお読み下さい。
ネットワークビジネスの成功方法
ネットワークビジネスの成功方法



◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー

お名前 
メールアドレス 半角英数字







「ネットワークビジネス究極の成功法」目次

1、自尊感情と損得勘定
2、あなたのして欲しいことをまず人にしてあげよ
3、急いで広く浅く パワフルな火種
4、1にも2にも勢い
5.安定した組織と安定収入
6、好サイクルの循環が回り始める時
7、与えることができる人になろう
8、相手と一対一でのクロージング
9、大物成功者に会わせる利点
10、大物成功者の話は威光暗示効果が絶大
11、ビジネスへの意識改革は 「チャンスミーティング」で
12、チャンスミーティングの進め方
13、売りっぱなし、伝えっぱなしは禁物
14、「気づきの場」を与えるフォロー
15、人が心動かされる瞬間
16、相手の心を開くには
17、「買わせる」のではなく「買いたい」と思わせる
18、ホームパーティーは相手の購買意欲を目覚めさせる場
19、人を引きつける「感動、簡単、好奇心」
20、「簡単」「誰でもできる」「楽しそう」がキーワード
21、個を活かし、チームワークを上手にとる
22、組織の数による説得は何百倍、何千倍もの力を持つ
23、複雑、高度は失敗のもと
24、簡単、シンプルでしかも効果大
25、人の心を動かす秘訣
26、相手に欲しがらせる
27、トップリーダーをうまく活用する
28、素直な要求が実を結ぶ
29、会を大いに盛り上げるコツ
30、分身づくりで成功する
31、成功のセオリー「電話で話すな。会って見せよ」
32、夢と希望を形で見せよ
33、警戒心と仲間意識
34、相手の本音を聞き出す
35、強烈なアピール作戦で大成功する
36、「見せる技」を身に付けよ
37、強烈な自信は人を動かす
38、物を売るのではなく、分身をつくる
39、継続こそ力なり
40、「動機」の陰と陽
41、人を育てる「愛のパワー」
42、大事な人、大切な人をリストアップする

(http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/7206/funai/index.htm)


オンラインでは、このほか「オンラインでのノウハウ」とさらに重要な
『オンラインでのリクルートとフォローのシステム』が必要となってきます。


この大切な『システム』のお話は、次回にさせていただきます。お楽しみに。
ネットワークビジネスの成功方法



◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー

お名前 
メールアドレス 半角英数字









スポンサーサイト
  1. ネットワークビジネス、成功
  2. TB(0)
  3. CM(0)

「てこの原理」は誰でもできるのか?

理論的にはビジネスオーナーになり従業員を増やせば増やすほど、
さらに「てこの原理」を働かせることができます。

理論的にはすばらしいことになるはずです。

しかし実際のところは、従業員を使って「てこの原理」を
働かせることはたいへんむずかしいです。
ネットワークビジネスの成功方法



◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前 
メールアドレス 半角英数字







■起業家神話


起業家神話ということばがあります。

起業家を目指して独立開業する人は多いのですが、
ほとんどが事業に失敗しているのが現実です。


個人企業の95%が5年でつぶれます。

5年生き残った会社も遅かれ早かれ10社中9社がつぶれます。

ほとんどの人は一生懸命働いたあげくに
全財産を失っているのです。

一方幸運にも成功している会社オーナーの多くは
多くの悩みを抱えています。

従業員、在庫、資金繰り、時間的自由のなさ等など。。
数え上げたらきりがありません。

独立に成功してもラットレース(ねずみのレース)から
抜け出せる人はほとんどいません。

自営業者としていつまでも自分の時間をお金に置き換えているだけです。
このように「てこの原理」を働かせるのはむずかしいのです。



■なぜ「てこの原理」が働かないのか?

それにははっきりとした理由があります。

それはあなた以上に働く従業員はいないからなのです。
従業員はオーナーではないからです。

朝、営業にでたらまず喫茶店に直行して朝食をとります。
上司がいなくなれば私用電話が始まります。

取引先との接待にはできるだけ経費を使います。
全ての人がそうだとは言いませんが、多くの人がやっていることです。


従業員はあなたにもっと利益が生み出す行動を起こすことよりも、
むしろ物事の簡単な方へ、そしてあなたにとってはもっと高くつく方へと
行動を起しがちです。


ではどうしたら良いのでしょうか?
では、もう少し具体的に考えてみましょう。

私が広告会社の経営者だったとしましょう。
そしてあなたをフルコミッションの営業マンとして雇ったとしましょう。

あなたの仕事は広告を売ることです。
あなたは売価のパーセンテージを得ます。


公平ですね?

私もあなたの売上からパーセンテージを得ます。
私は事務所の家賃も支払いますし、研修を通して
あなたの教育訓練もしますから当然です。

このケースでは広告会社と営業マンは売上が発生するごとに
お互いに何らかの利益が発生します。

私は複数の営業マンを抱え「てこの原理」を働かせます。
しかし営業マンのあなたは「てこの原理」を持ちません。

時間をお金に変換して競争を繰り返します。

でもいずれ私が、というよりも会社の経営者なら誰もが恐れる時が来ます。
あなたが独立する時です。

これは私にとって良いことでしょうか?

いいえ!とんでもない。

あなたが独立したら私にとってまずいことが2つ起こります。

私は一つ収入源を失うことになります。

さらに悪いことには、あなたは私の競争相手となります。
私が教育した競争相手です。私のノウハウの全て持っているのです。


さらに、あなたは私の大切なお客様を持って出ていくかもしれません。
この状況は現実にいつでもどこでも起こっていることです。
広告業界に限りません。どの業界でも起こっています。

あなたが何かの事業主であったとしたら、今まで何人の競争相手を
自ら教育してきたことでしょうか?

さて、これはさらに悪循環を起します。
ネットワークビジネスの成功方法



◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前 
メールアドレス 半角英数字









  1. ネットワークビジネス、成功
  2. TB(1)
  3. CM(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。