スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

どうやって集客するのか?

あなたがインターネット上でお客さまを増やすには
3つのステップが必要です。

1、あなたの商品が欲しいと思っている人をみつけること

2、あなたの商品を欲しいと思っている人に
  あなたの商品を必要だと思ってもらうこと

3、顧客をあなた(商品)のファンにすること







◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前 
メールアドレス 半角英数字








特に注意していただきたいのが、この3つをごっちゃまぜにしている
広告(HP)が多すぎるという点です。

よくネットワークビジネスの会社はこういいます。

「商品がホントに良いから口コミで絶対伸びるよ~」とか
「商品が勝手に一人歩きするよ~!」などなどです。

「そんなバカな~」。。確かに大手の会社がCMなどで、
有名タレントを使えば勝手に一人歩きをするかもしれません。

しかし、口コミが起こるなんてホントに稀なことです。
こんな神がかり的なことを信じていたのではまず伸びません。

では、口コミを起こすためにはどうすれば良いのか?
商品を愛用してもらわなければなりません。

商品を愛用してもらうにはどうすればよいのか? 
商品を買ってもらわなければなりません。

商品を買ってもらうにはどうすればよいのか?
見込み客を見つけなければ話になりません!! 

そうなんです。『見込み客』を見つけること。
これこそ最も重要な項目です。

重要なのでもう一度言います。

インターネット集客の秘訣は『見込み客の獲得』にあります。

見込み客を獲得する仕組みや、システムの根本が分かっていなければ
お金をドブに捨てるようなものです。

どんなに有能な営業マン、セールスマンがいたとしても
目の前に見込み客がいなければなんにもなりません。

しかし、ほとんどのHPがこの見込み客獲得、セールス、愛用してもらう、
という3大ステップがごっちゃまぜになっています。

この3大ステップはそれぞれやり方が違います。 

見込み客を見つけるには→広告・宣伝
(メルマガ・検索エンジン・掲示板など)

見込み客を顧客にするには→資料送付・電話対応など。。etc

それでは、インターネットビジネスでの見込み客獲得とは
一体どんなことをするのか? 

インターネットビジネスでは、まずはメールアドレスの収集です。

見込み客獲得』=『メールアドレス収集』ということになります! 

これができれば、本当にビジネスが楽しくなります! 

夜も安心して眠れます!
集客できないつらさに頭を痛めることもありません! 

嫌がるお客さまに頭を下げる必要もありません!

たくさんの『見込み客』がいるわけですから、
こちらから選ぶことができるようになります! 

私達は面接する側になれます! 

資料請求を確かめるときにワクワクしますよね。 

もちろん、『使えない』アドレスではなく
『使える』メールアドレスを集めなければなりません。

『顧客獲得プログラム』には『使える』メールアドレスを
集めるやり方も載っています。

それでは、集めたメールアドレスはどうするのか? 

ここで、「うちの商品は最高です!」なんて
言ってしまうとお客さまは逃げてしまいます。

いかにして成功率を高めるか?

その前になんといっても『広告』でお客さまを
連れてこなければ意味がありません。

どんなに有能な営業マン・セールスマンでも
お客さまがいなくては話になりません。

ですので、たくさんの見込み客を目の前に連れてくることが
ビジネスを成功させるための一番の成功の秘訣なんです。


目の前にお客さまを連れてくること! 
これが最初であり、最重要ポイントです! 

そのためにはしっかりとしたお客さまの
感情メカニズムを学び、それを実践していくことです。





◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前 
メールアドレス 半角英数字








次は究極のメールアドレス収集法!です。
スポンサーサイト
  1. ネットワークビジネス、成功
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<ノウハウとシステムについて | ホーム | 儲かる広告と儲からない広告とは?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://thuiteru23.blog121.fc2.com/tb.php/16-1ecb0fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。