スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

オンライン広告の常識の「嘘・ほんと」

常識の嘘その1

よく広告は何回もださないと効果がないということを聞いたことはありませんか。
これは広告屋さんの常識だそうです。 

本当でしょうか?





◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前 
メールアドレス 半角英数字






一般マス宣伝ではある程度正解です。しかし、これは大企業のマス宣伝戦略であっ
て広告露出量をもって訴求を広く図るには莫大な資金が必要となります。
私どもが行うMLMで目指すオンライン宣伝では、よりピンポイントでより鋭敏な広
告反応が必要となります。


オンラインメルマガ広告などで1度出してもダメな広告は3度出しても効果が上が
ることはまずありません。


一般広告の常識(?)となっている広告代理店の

「1回だけ広告を出しても、お客さんは、なかなか動きません。何回もあなたの
同じ広告を見ることによって、安心して買うようになるんです」

と言うようなことはマス広告での「広告取り」の営業マンの話術だったと、
頭から消去してしまいましょう。

実際、オンライン広告の効果測定をすれば、簡単に実証できます。
実際に広告のレスポンスを測定すると、1回目もしくは2回目の広告が1番多くの
レスポンスを集めます。同一タイトル・同一内容のメルマガ広告などでは、
連続掲載4回目からレスポンスは激減することが分かります。

同一メルマガ広告では、費用対効果を求めるには連続掲載は2回もしくはせいぜい
3回まで、さらに同じ広告と思えないくらいにタイトルも内容も変える方が良い場
合があります。



常識の嘘その2

最近の人は字を読まないから、イラストや、写真を多く使ったリッチテキストで
広告をしたり、綺麗なホームページを作らなくてはならないという常識です。

これも効果を測定してみるとわかりますが、オンライン宣伝では写真を使ったか
らといって、効果があがるとは限らなく、写真はあくまでも、メインではなくサ
ブとしての役割しかないことが分かっています。
ダイレクト・レスポンス広告では、前述のようなただ綺麗なだけでレスポンス効
果の希薄なホームページを「自己マンHP」と呼んでいます。





◆ ネットワークビジネスで成功するためのメールセミナー


お名前 
メールアドレス 半角英数字







スポンサーサイト
  1. ネットワークビジネス、成功
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<オンライン広告の常識の「嘘・ほんと」 3 | ホーム | 言葉の恣意性を活用する>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://thuiteru23.blog121.fc2.com/tb.php/38-f31bb379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。